意味が分かりにくい日本語は使わない

ストレスを与えない文章を目指そう

Webでの記事や文章では、読者にストレスを感じさせないことがポイントになります。難しい言い回しや広く知られていない四字熟語を多用すると、何を言いたいのか伝わらないだけでなく、読者に意味が分からないというストレスを与えてしまうことになりかねません。また、簡単な日本語を使っているつもりでも主観が入り過ぎている場合、読み手には意味不明の文章と取られてしまうこともあります。ストレスを感じてしまった読者は、それ以上先に進むことはなくWebサイトを閉じてしまうでしょうし、次に訪問してくれることはないと言って良いと思います。Webサイトは無数にあり、いわば代わりが手に入り易い媒体ですから、紙に印刷された文章よりも感覚的な分かり易さが求められます。分かりにくい言い回しや表現は避け、読者にストレスを与えない文章を目指すことが大切と言えます。

読み易さも意識しよう

文章では言葉選びが大切になりますが、Webサイトに載せる場合には読み易さを補助する視覚的な配置がポイントになります。というのも、Webサイトの文章は、紙の印刷物や原稿用紙の様に決まった書式がなく、Webサイトの空間を自由に使って文字を配置出来るからです。改行がない状態で、文字が埋め尽くされていれば、使われている言葉が簡単で文章が分かり易くても、読み続ける気にはならないですよね。また、文字のフォントが小さ過ぎても読みにくいですし、色を多用したり、見にくい色で文章が書かれていたら、やはり読むのにはストレスとなってしまいます。文章の内容だけに気を付けるのではなく、読み易さといった点から、文字の大きさ、色、改行や句読点の適度な使用をしっかり考慮することが大切です。

webサイト制作ではcssのanimationプロパティを使うことで、ブルブル震えるボタンなどさまざまなパーツを作ることができます。